スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台 ブルームーン@東京グローブ座 6月1日ソワレ

2015年06月03日 17:59

2回目の観劇です。
今日は奇跡の良席でしたwとても見やすかったぁ!
私の横山さん名義大活躍♪御呼ばれしてもらって嬉しかったです。

だがしかし、2回目だったのもあって細かいところを見すぎてしまったので、
前回ほど物語を純粋に楽しめなかった自分を反省しております。


ということで、感想は追記に!





横山さんの困ったような表情、怒った表情、熱くなって涙している表情。
いろいろな表情があるのですが、なんか全部イメージが一緒なんですよね。
ちゃんと違いがあるんですが。もちろん同じ人間の一連の表情なのでイメージが一緒なのは当然なんですけど、
メリハリがなく、だーっと流れていってしまってる印象。
テンポのよさを活かすには仕方ないのかもしれませんが、そこはちょっと気になったかな。
でも、はまこさんに”自分の生きているうちは、はまこさんたちのお墓は俺が守りますよ!”っていうところはジーンと来るし、
情に厚くて、心優しくてルミちゃんの心も持っていくのかわかるなぁっておもいました。
こんな熱くて優しい男性、ほれるわ!
ここのユタカくんは劇中で一番男らしいんですよね。
ちゃんと自分の役割というか、無意識ながらに仕事に目的をもってやれてるじゃんっていうね。
檀家さんとの絆をしっかり築けて、自分の仕事を意味のあるものにできるんですよね。
ルミさんも最後に言ってましたけど、言葉を引き出したり、大切な人の死を受け入れることができるように導けるというか、
そういう人間味に溢れる人なんだなぁ、ユタカくんは。

ルミちゃんとのラストシーンは嫉妬していたという本音、一緒になれると信じるという言葉、そこからの肝心な一言はかわいくって大好きです!
そのあとのるみちゃんの後ろからのハグと抱きしめてゆたかくんがルミちゃんを持ち上げるのと、ダンスと花吹雪で、たたみかけるように幸せが溢れて、もうわぁっーてなりますよね。

前回見たときはルミちゃんが持ち上げられたときに拍手が自然と起こっていて、観客もなんか参加してるって感じだったのですがこの回はそれがなくてちょっと寂しかったです。

あと、他の役者さんについてもがっつり書きたいこともあるのですが、東京楽を見終わってからにします。
次回は東京楽、私も最後の観劇です。

というわけで、いってきます。
↑実は、書き終わった今はグローブ座に向かう電車の中です。日付詐称ですみません。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black19810509.blog76.fc2.com/tb.php/287-84882ccd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。