スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Endless SHOCK 7/11ソワレ③

2010年07月27日 21:16

さてさて、まだ続いてますよ。今回でも終わりませんよwww

今日は、雑誌を二つ買ってきてしまいました。
ステフォをもう買えないのでね。ステージ写真がちょっとほしくてね^^;
ひとつはTVfan。これは軽くストーリーも載せてくれてるので見やすいです。写真では、ソリタリーのコウイチさんがかっこいいのと、ヘソピが見えるジャングル衣装な博貴がいいですね。もうこれだけで買いですwww
安かったし(てへへ)
で、もう1冊買っちゃったよー。「LOOK at STAR」
SHOCKはインタビューとステージレポで8ページ。こちらは博貴のページの殺陣の衣装の写真とコアラだっこ写真でしょうかw
ちょっとへたれな顔してますが、殺陣でコウイチさんと背中合わせになってる写真もよいです。
ああ、この背中合わせの後の、二人が交互に敵を斬っていく殺陣もかっこよかったなぁ。。。。
あとリチャードなウチさんもステキ!スタイルがいいってすばらしいわぁ^^

てなわけで、まだまだSHOCKにはまり続けております。
なので、続きにはまだまだ稚拙な感想文です。
よかったら、どうぞ。




ああ、どんどん、記憶が曖昧に~~~~(笑)
そのうえ2008年版をついつい観ちゃうので、ごっちゃになってきてますー。
間違ってたり、変なことかいてたらごめーんね!!





ACT02
Prologue
死への招待
In The Cemetery

オーナーがマイムでコウイチの墓穴を掘ってます。
コウイチが1年もの間、寝たきりになってしまっていることなどなど説明。
上手のサイドの舞台では下手奥の病室セットのほうを見上げるウチ。
残念なことに、下手奥のセットはみきれてしまったのでなにが起こってるやらだったのですけどね^^;
で、「In The Cemetery」
このナンバーを踊るコウイチがすっごいエネルギッシュなんですよね。
あんなほっそい体で、すごいわぁ~って思いました。
白シャツで胸元がけっこう開いてて、飛び散る汗がセクシーでドキドキしちゃいました~!!
跪けとか許しを乞えとか、もういくらでもできちゃいそうですけど~~~って思いました(言いすぎwww)

あ、お気づきかと思いますが、堂本光一さんに対してのテンションが俄然上がっている2幕です。
1幕でかなり惚れましたwww


Scene 1 / シェイクスピア シアター
ここはねぇ、もう一言で言うとねぇ。
内博貴の立て膝だよね!!!←落ち着け、ぢぶんw
リチャード3世のウチがムチャムチャカッコイイ!!!
あのルドルフ皇太子@エリザべートを髣髴とさせる衣装がまたとっても似合ってる。
ノーブルだわぁ。しゅっとしてるわぁ。やっぱり、いつかルドルフ皇子やってるのを見てみたいわぁ~(どさくさ)
醜いって言われても説得力ないわぁ~(笑)
まぁ、それはおいといて・・・www

声張るところも、冷静に言うところもなかなかよかったです。
内さんはほんとに声に恵まれてるなぁと思います。よく通る聞きやすい声。そしてカツゼツがめちゃくちゃいい。
観ていてストレスが少ないんですよね。
で、で、で、アン王女に向って「(剣を)この真心こもる胸に突き刺してほしい」っていうときに、なんと立てひざで、下から見上げるんですよ!(確かここだったはず?)
それがねぇ、下手側で、すごく近くで見れた上に、体の向きがこちら向いていたので顔の表情もよーく見えてナイスポジションでした(うはうは)ずぎゅーんとやられましたぁ。

シェークスピアシアターでもう一点、ロミジュリの座長もノーブルでございました。
まさに王子!!
前の方の頭の位置にちょうどかぶって、口付けのシーンがよくみえなかったのだけがちょっと残念でした!!(真顔)



Scene 2 / ウエクサの劇場のバックステージ
Don’t Look Back
Reunion


シェークスピアのくだりがオーナーが見ていた夢ってかんじでした。
ここで歌うオーナーが甘い声になんだか懐かしさがこみ上げました。
私、やっぱりかっちゃんの歌声好きだわぁ~って思いましたね。
幼い頃の刷り込みって半端ないですね^^;
看護士さんからコウイチのネックレスを受け取り、死を知らされるリカ。
リカはコウイチの死をオーナーに知らせようとするも、オーナーはなんとなく察した上でリカに言わせない感じだったかな。

コウイチが劇場に戻ってくる場面。
ここはアドリブ合戦らしいですが、この日は「ど、ど、堂本大爆笑~」でしたw
それでそのあと「う、うける~。あはあはは。う、うける~。」ってちょっと引き笑いをしながら受け口?しゃくれ?ぎみでなんども繰り返すコウイチwww
あれ、なにキャラっすか?(爆)光一くん、壊れちゃったの?って思いましたけど^^;
なんか元ネタあるのかな?リカにみつかったあともそれをやってた気がしましたけど、
マチダやヨネハナにもそれを見られて、「コウイチ?大丈夫か?」って心配されてましたwww
マチダが「よかったー。頭も髪の毛も無事だーーー」って言ってて笑いました。
でもマチダの苦しみってほんと尋常じゃなかったはずですよね。
自分が間違えてしまったと思ってるわけですから。
コウイチに謝る場面では、伝えることが出来てよかったねーとぐっときてしまいました。

そのあとに、「Reunion」。ほこりまみれの帽子をコウイチが受け取って4人でとっても楽しそうに踊っていて、
かなり和やかなシーンなんですけど、一人困惑しているリカが切ない。

4人が踊る後ろでは、同じ振り付けで白いスーツで踊るウチたちの姿が。
ウチにも早くコウイチが復活したことを教えてやろうということで、
盆が回りきって表側にやってきたウチのショーステージに。



Scene 3A / ウチのショーのステージ
Watch Me!


この曲、すっごいウチくんに似合ってますね。
明るくて、ちょっとアイドルっぽい曲。
オンの華やかなステージ、ポジションはセンターで歌はソロナンバーだし見せ場だし、
でも、そんなオンのステージにギリギリの状態で立ち続けたウチ。
心配そうなヨネハナとマチダははやくコウイチのことを知らせようと急ぎ向かいます。


Scene 3B / バックステージ
Why Don’t You Dance With Me
和解
What 10 wanna say


マチダ、ヨネハナがMADの4人に話をしようとしても、「ここから逃げたお前らがいまさら何しに来たんだ!」ととりあわず、そこへ、コウイチが客席通路から登場。コウイチを見て、驚くウチ。
「Why Don’t You Dance With Me」へ。
このナンバーもかっこいいですね。
ウチを挑発しながら、見せ付けるように踊るコウイチがカッコイイ。
マチダ、ヨネハナもなんだか嬉しそう。
特にヨネハナくんの笑顔に今回だいぶやられました、アテクシ。
ヨネマチのシーンはたいがい米花さんを見てしまって、町田さんももうちょっとちゃんと見たかった~と後悔しています(笑)
コウイチのダンスを受けて、ウチくんチームの番。
それを嬉しそうに見守るコウイチ。
ヤラさんバージョンを見ちゃうと、ウチってどんなだったっけ?っておもっちゃうくらここのダンス、難しいですねww
でも「その夢をつかむのは俺一人でもできることさ~」からのメロディーの歌声がすごいよかったって記憶の隅にインプットされてます。(頑張って、私の脳内HDD!!)
でも途中で、踊るのをやめてしまうウチ。MADのみんなもその様子に気づいて近寄ってくるんですが、
最後、仲間すらも突き飛ばしてしまうウチがとってもつらそうで、切なかったです。


で、ここからが内さんの泣き演技の告白から和解。
言わせてやれというコウイチの言葉に「刀を本物に変えたのは俺だよ」と罪を告白するウチ。
後ろにはジャパネスクの階段が浮かび上がってぞくっとしました。
劇場で見ていたら、一瞬あの階段は映像?って思ったんですが、普通に登場してましたね。
その階段に登り、自分の心情を話すんですが、印象に残っているのは「止まったやつは、切り捨てられるんだろう」ですね。このセリフ深い。深すぎる。
内くんの状況にも微妙に重なってこれまた、ぐっときます。
そのあたりから、もう涙が止まらなくて顔ぐしゃぐしゃでセリフを言い続けるウチ。
「好きなやつが振り向いてくれないつらさ、俺にはわかるんだよ」も言い方も、表情もすごい切ない。
でもまぁ、ここまでは思ってたほどじゃなかったかな?と思ったんですけど、(なんて上から目線^^;)
コウイチが死んだってことがわかったあと、「コウイチが死んだ?俺は信じないぞ」って、
ヨネハナ、マチダ、オーナーのところに「なぁ、嘘だろ」「なんでみんな黙ってんだよ」って言って回るんですけど、オーナーのところに行ったときがもうやばかった。
「ねぇ、オーナー。嘘ですよね?」っていいながら、縋るようにかっちゃんの足元に崩れ落ちるんです。
「俺は信じない」って。もうあそこで、私は涙腺決壊しました^^;
で、そのあと、コウイチの手を握るところがあるんですが、そこで握った瞬間にその手が冷たいことに気づいて、手を掴んだままがくりとうなだれるのがまた、悲しくて悲しくて。
それを見て、ちょっと悲しそうなコウイチくんの表情にも泣けてきてしまいました。
ウチがもう一度コウイチの手を掴んで、「お前のステージに立たせてくれ」とお願いするのも切ない。
いやぁ、まんまとやられてしまいました。泣いちゃいましたよ、私もwww

「What 10 wanna say」
もう一度新しいショーを作ろうと、しんみりしちゃってるみんなを奮い立たせるコウイチ。
ちょっとコミカルな記者会見を挟みながら、最後のショーへの士気が高まっていって、
最後、ウチが「行くぞー」って言う流れもかっこよかったです。
ここ、もうちょっと迫力ある「行くぞー」だったらもっとよかったけどなぁ。でもかっこよかったです^^


ということで、今日はここまで。あともう1回、分けて書きます。
最後クライマックスまで。千秋楽までにはなんとかなんとか頑張って仕上げたいwww

ということで、どんどん曖昧になる記憶と戦いながら頑張ります。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black19810509.blog76.fc2.com/tb.php/251-a814d648
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。