スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まりましたね、オリンピック!

2010年02月14日 15:33

上村愛子たんの4位があまりに切なかったので、プレゾンDVDみてます。(まったく繋がりはありません)
愛子たん頑張ったよ。とりあえずはお疲れ様。上位3人がほんとにすごすぎました。
そんなわけで今年もほぼ日のオリンピック企画には全力でのっかります。
よかったらみなさんもぜひぜひ。→観たぞ、バンクーバーオリンピック!

というわけで、需要がまったくないのはわかってますが語りたいから語る。
「PLAYZONE2009 太陽からの手紙」のDVDでの鑑賞のみの感想をです。
やっぱりこれ客席で観たかったぜ!!!

と思って、書き始めましたが・・・
無駄に長く書くつもりだったんですけど、2回間違って消しちゃって挫けたw

ということで簡単にwww

キスマイさんたちは実は苦手なほうだったんですが、
このDVD見て、印象よくなったよ、特に北山君と宮田君。見事に革命成功だわwww
北山君は表情が可愛らしい人ですね。自分の見せ方がわかってる。
好みかどうかはおいといてwwwファンの方が多いのはわかる気がしました。
宮田君は、見せ場の場面でキりっとしていて、すごく美形じゃんって初めて思いました(初めてかよ!www)
オタクキャラもめっちゃ似合ってたけどね^^
あとジャニーズとしてというより、舞台人として高橋竜くんが気になりました。
身のこなしがキレイで、ダンスも上手い。アドリブも堂々としていて、カツゼツもよい。
彼、ジャニーズにいるのがある意味もったいないかも。

前半の物語的なところは内さんに片思いしてるけど意地を張ってしまう女の子風味な藤ヶ谷さんに妙に感情移入(爆)
最後に思いが通じ合ってするデュエットがショウタイムで歌う曲っていう設定みたいだったので仕方ないんでしょうけど、妙にラブラブな歌で、え?なにこれ?どういうこと?付き合っちゃうの?みたいな変な動揺をしてしまいましたwww

いろんな場面が用意されていて、物語の自体もどうにもこうにもちぐはぐな印象だったんですけど、
屋良くんファンのすみさんのレポを拝見して、ニッキ先輩はほんとに後輩たちをよく観察して、それぞれにステキなセリフを与えてくださったんだなって思いました。だからすみさんのレポを読んでると自然と涙が出てきてしまうという^^;
読んだ後にもう一度ちゃんと通してみたらなるほどなるほどとうなってしまいました。
ラストの白の学ランとか確かにたまらんわなぁ。


というわけで、屋良くん!!!素晴らしい。
今回のは屋良くんがいないと成立しない舞台でしたね。
感情を乗っけて歌ったり踊ったりが見事なんですよね。
歌、ダンス、芝居だったら、私は芝居ができる人が一番好みなんですけど、
芝居ができる人って言うのは歌もダンスもちゃんと感情を乗っけることができるからなんですよね。
屋良くんは全部素晴らしい。舞台に立つために生まれてきたような人ですね。
背がもうちょっとあれば言うことないですけど、ソロダンスもきちんと一人で空間を埋めることができるし、
問題ないっす!さすがでした。
屋良くんといえば、ショウタイムのほうで印象に残ったのは「祈り」で最後、仕留められる敵役。
倒されてしまいますが、あれは主役のやるポジションだと思います。
めっちゃかっこよかった!殺陣のキレも素晴らしいし、表情がたまらないです。
背を向けて舞台奥に下がる前の目線!何回もリピしちゃうくらいカッコイイ♪
屋良くん演じるラスボスが強くてカッコイイからまわりのキスマイ君たちも自然とすごく上手くできていたんじゃないかな。
とにかく全員がカッコイイ場面に仕上がっていたと思います。
あとThey武道(ていうか高橋君なんだけどさ)込みでLove sickはめっちゃいいですね。

内さんについてはいろいろ語りたいことが多すぎなんですよねぇ^^;
オープニングの白シャツ+ジーンズをブーツインにたまらん!!ってなるところからもう全部よねwww
とりあえず内さんの声が大好きだぜっ!
北山ソロに合流したあとのダンスとか萌えすぎて苦しいよね。
あの余裕な感じで軽く踊るかんじがカッコイイ!
手足も長くて余らせてるのがまたまた余裕なかんじをかもし出してるですよ。
北山君がそのあと「内~内~」ってメロメロになってるのが妙に納得というかなんと言うかwww
とけちゃうよね、あのかっこよさは。
ニッキさんはほんとに上手い具合にセリフやら場面やらをふってくるから、北山「お前はニュースだった」内「俺は笑えないぞ~」のくだりとか、「お前はチームで歌ってないもんな」とかさりげなく切なさが漂ったりもするんですが^^;こういう場面を盛り込めるのがニッキさんのある種、優しさって気もしました。
太陽からの手紙がファンから届いた手紙って言う意味だって言う話も内くんのセリフだったしね。
ショータイムのほうはスーツがやばいくらいかっこよかったし、コサージュが一人だけ逆の肩につけてたのがなんかステキでした。
オープニングが秀逸ですよね。せり上がって、気づいたらセンターポジションでソロパート歌ったてとことか生で見てたら鳥肌たちそうな気がしました。

なんか全然語りたいことは語ってませんが、キリがなさそうなのでこんなところで!
想像していたよりもずっと楽しく鑑賞できたPLAYZONE2009でした。





 
スポンサーサイト


コメント

  1. すみ | URL | 4E4.PPqE

    Re: ありがとうございました!(;_;)

    屋良くんのファンでない方、しかもミュージカルに精通していらっしゃる方から、屋良くんに関して、こんなに高い評価をいただけるなんて、本当に本当に嬉しいです。ありがとうございます。(;_;)

    屋良くんは、歌、ダンス、芝居でいうと、実はお芝居が1番、後からついてきた人です。
    昔は「PLAYZONE」の本番中でも、少年隊に棒読みなセリフの言い直しをさせられていたほどでした。
    それが、毎年「PLAYZONE」で勉強させてもらい、外部舞台でもまれ、「Endless SHOCK」では2年続けて同じ役を務めさせてもらったため、お芝居のいろんなアプローチを学び、やっとここまで成長しました。
    やまぶきさんの感想を読ませてもらって、屋良くんが2009年の「PLAYZONE」で課題の1つにあげていた「芝居、ダンス、歌の境界線をなくす」という目標。それがおおむね達成できていたのかな、と本当に嬉しく思います。(^^)

    「祈り」の殺陣に関しても、本当に嬉しいお言葉の数々!!(;_;)
    練習さえ積めば、ただ「動く」ということは、ある程度のところまでいくと思うのですが、屋良くんは「Endless SHOCK」の中で、スキルアップとともに「表現する殺陣」を追求したきた人です。
    その人物が、どんな背景の中、どんな心境で、人と剣を交えているのか。それを、動き、目線、わずかな表情の変化などで表現しようと、努力を積んできました。
    それが今回の「PLAYZONE」で生かされているんだなぁ、と、これまたやまぶきさんの感想を読ませてもらって実感し、本当に嬉しく思いました。(;_;)

    ファンはどうしても、ひいき的な見方をしてしまうので、冷静な評価をくだすのは難しいのですが、こうやってありがたいお褒めの言葉をたくさんいただき、ファン冥利につきます。
    ありがとうございました!!m( _ _ )m

    また、わたくしめのレポに関しても、ありがたい言葉の数々。ありがとうございました!!(*^^*)

  2. やまぶき | URL | -

    すみさんにコメレスです!

    ☆すみさん
    コメレス遅くなりました!
    リンクもひっそりとですが右にさせていただいてます^^;
    ほかのブログのリンクもさせていただいてにぎやかにしますので、もう少々お待ちを!

    > 屋良くんは、歌、ダンス、芝居でいうと、実はお芝居が1番、後からついてきた人です。

    そうだったんですね!!そんなことはまったく感じなかったです。今回のを見てる限りは。
    間の取り方も上手いし!!努力されてきたんだなぁ。
    > 昔は「PLAYZONE」の本番中でも、少年隊に棒読みなセリフの言い直しをさせられていたほどでした。
    > 屋良くんが2009年の「PLAYZONE」で課題の1つにあげていた「芝居、ダンス、歌の境界線をなくす」という目標。それがおおむね達成できていたのかな、と本当に嬉しく思います。(^^)

    そんな目標を立てられてたんですね^^
    達成されていたんじゃないでしょうかね。ちょっと偉そうにすみません^^;;;
    でも屋良くんのダンスって振り付けもそうなんですけどすごく見る側に親切なダンスというか気持ちが伝わるダンスだなって思ったんです。
    ブリュレのダンスもかっこよかったんですけど、小難しいというか細部までこだわったという印象があったりもして、それはそれでとってもかっこいいんですけど、
    プレゾンで観たダンスはなんか楽しそうっていうか、見てる側に何かを伝えようという感じがすごく観ていて楽しいなぁって思いました。なんか言葉おかしくて私の言葉が伝わってるか不安なんですけどwwwすごく踊ってる屋良くんがいいなぁと思いました。


    > その人物が、どんな背景の中、どんな心境で、人と剣を交えているのか。それを、動き、目線、わずかな表情の変化などで表現しようと、努力を積んできました。

    ちゃんと屋良君の表現したかったことを受け取れてるのかはわからないのですが、
    少なくともどんな心境でどんな背景でっていうのを妄想させるような表情でした。
    うん、なんか屋良君のキャラに惹き付けられましたよ。


    > また、わたくしめのレポに関しても、ありがたい言葉の数々。ありがとうございました!!(*^^*)

    いや!ほんとに素晴らしいなと思っておりましたので、この気持ちをお伝えできてよかったです♪
    SHOCKは観劇しないんですけど、すみさんのレポ楽しみにしてます^^v

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black19810509.blog76.fc2.com/tb.php/228-dea8e435
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。